業務の流れ


【業務の流れ】

ここでは市野製作所の業務の流れを説明します。
またご不明な点などありましたら、お気軽に当社までご質問ください。

業務の流れチャート.png


1:お問い合わせ / お見積もり
まずはお電話やインターネットフォームなどで当社にお問い合わせください。
製品についてのご質問やご相談など大歓迎です。専門のスタッフが丁寧にお答えします。
もちろんお見積もりも無料で提示させていただきます。
流れ写真1.jpg


2:提案 / 受注
今までのノウハウをもとに製品の難易度や過去の問題などを検討。お客様との打ち合わせを密にしていくことで、本当にお客様が望む製品や機能を実現できます。
私たちはお客様とのコミュニケーションを大切にしています。
流れ写真2.jpg


3:工程検討
プレス成形シュミレーションソフトを使った工程設計により、従来の工法に比べて効率的な作業が可能です。
予想できる問題から、予想不可能な問題まで、解決のスピードを上げることで、お客様からの強い要望である納期の短縮はもちろんのこと、全体のコスト削減にも取り組むことが可能です。
流れ写真3.jpg


4:設計
当社の金型設計では、3次元での設計を取り入れています。
従来からの2次元設計に加えて、3次元での設計を加えることで、その後の工程が円滑になり、ミスの軽減をはじめ、納期の短縮やコストの削減にもつなげることが可能です。
流れ写真4.jpg


5:単品図出力
当社では通常取り組みが少ないとされる、単品図の出力を1つ1つの製作において徹底しています。
事務や現場との情報の共有を行い、お客様が運用時にパーツ変更などがあった際に、非常にすばやく対応することが出来ます。
流れ写真5.jpg


6:加工
当社の加工工程では、1つ1つの工程を徹底管理とチーム内での情報共有に努めています。
加工の流れをスムーズに、各設備の特色を最大限い生かす使い方は、様々な試作や研究を繰り返してきた成果であるといえます。
また設備についてもお客様がご満足される設備の導入を進めています。(設備についてはこちら
流れ写真6.jpg


7:組み付け / 調整
金型部品の組付調整や仕上などの工程になります。
金型製作の最終工程であり、数値で表すことの出来ない微妙な組み立て調整は、当社の技能者の技に支えられている工程です。
その他にも溶接や汎用機を使用した機械加工など金型製作の最終工程の加工を担当して頂きます。
流れ写真7.jpg


8:結果のフィードバック
単品図と連動させ、単品図に変更箇所を書き込むことで、最終的な型図として保管が出来ます。
またお客さまごとに過去のデータを整理し、徹底した管理を行うことで、お客様の運用中での仕様変更にも迅速に取り組むことが出来ます。
流れ写真8.jpg


9:出荷
出来た金型をお客様のもとへとお運びします。
自社のトラックを保有しておりますので、当社のスタッフがお客様に直接お伺いさせていただきます。
ありがとうございます。
流れ写真9.jpg



お問い合わせはお気軽に.jpg
>お見積もりやご相談などすべて無料で対応いたします。お気軽にお問い合わせください。